げんこつ屋 創業者の思い



げんこつ屋 創業者  関川 清


げんこつ屋 創業者  関川 清より


げんこつ屋の看板には、”名代ラーメン”と肩書きが加えられている。 要するに、らーめん屋なのである。
しかし、これから世に顔を出す 新しい感覚・考えのらーめん屋を目指しているので、
いずれは ”げんこつ屋”そのものだけで通じるようにしたいことと、
新しく ユニークな商品を研究・開発していくことを目標にしているからである。
そのためには、現在たった今の商品をも常に高めていかなくては、 一歩も前に進まないのだ。


そう主人は考えております。


1980年4月、げんこつ屋1号店新高円寺店開業。

わずか 7.5坪の時から、 げんこつ屋はC・I計画(コーポレートイメージ)を導入しております。

店名の書体・マークをしっかりと、看板・のれん・広告物・印刷物・器 ・インテリアにいたるまで展開していくよう、考えを大切にしております。

また、視覚的なことにのみ終始するのではなく、お客様一人一人に 対しての優しい心と、言葉で接してゆくことも心掛けてきました。

一番大切な味と麺に関しての工夫や研究は、今も怠りません。

当然のことながら、より高い味や、美味しさを追求する上に 味や料理に対しての高度な才能を持つ専門家をアドバイザーに、 視覚表現の面でも専門家を迎えて、常に研究開発に精進しております。

そして最大の目標は、共に会社の将来を考え、協力してくれている 従業員の幸せを考え、
共に誇れる《げんこつ屋》に成長することです。

営業日時

年中無休
11:30~22:00